So-net無料ブログ作成
検索選択

金融 ブラック JICC 

JICCというのは信用情報機関の1つです。

個人情報や利用履歴、事故情報などが記録されていて加盟している会社と共有されています。

加盟している会社なら自由に閲覧ができ、審査に際に利用する所が多いようです。



大手金融の場合、システム審査が行われますが信用情報機関に事故情報があった時点で弾かれます。

申込んでも弾かれてしまうので、審査通過はできないと思った方が良いでしょう。

残念ながら大手ではブラックの人が借りれる金融はないと思います。



そんなブラックの人にオススメなのは、中小の金融です。

大手のように目立つ金融ではないので、存在を知らない人も多いかもしれません。

でも同じ正規業者ですし、安心して利用できる金融には変わりありません。



中小金融の場合は、機械ではなく人が審査を行うので事故情報があるだけで弾かれるという事はありません。

事故情報があっても審査は行われるので、ブラックでも借りれる可能性があります。

過去より現状重視な所が多いので、現状や人柄で条件を満たしていればブラックでもOKです。

その代わり現状など細かく質問される場合もありますが、難しい条件はないのでブラックでも借りれる可能性は高いでしょう。

正規業者でブラックOKなのは中小くらいなので、中小で申込みをする事をオススメします。



世間ではまだブラックに対応している金融の存在を知らない人が沢山います。

でもそれがチャンスとも言えるかもしれません。

中小も利用者が増えれば審査が厳しくなり、ブラックに対応しなくなる可能性があります。

ブラックでも借りれるのは今しかないかもしれないので、今のうちに申し込みをしておく方が良いでしょう。



実際中小の金融で人気のある所は、審査通過しづらくなっています。

同じように他の金融も審査通過がしづらくなる可能性はあります。

今ならまだ借りやすい金融は多いので、気になる所がある人はすぐにでも申し込みをする事をオススメします。


借りれる時は借りれるし、借りれない時は借りれません。

迷っていても結果は変わりませんし、申し込みをしてしまう方が良いと思います。

ダメなら別の金融に申し込めば良いだけです。


金融 ブラック 給料 

金融の利用には給料が大きく関わってきます。

毎月の給料がいくらというよりは、年収が大きく関わってくると言えるでしょう。

金融では総量規制があり、年収の3分の1までの貸付しか認められていません。

それ以上の貸付はできないので、計画的に利用する必要があります。



1つの金融で貸付上限まで貸してくれるとは限らず、この場合も金融の審査基準に基づきます。

いくらが借入上限になるかは、自分の現状で金融の審査基準によって人それぞれ異なるでしょう。

信用なども関係してくるので、信用がない場合だと借入上限が少ない場合も多いです。



利用する金融で違いがあるとい事なので、どの金融を利用するかが重要になると思います。

金融によって審査条件も異なるので、まずは審査通過できるかが重要だと言えるでしょう。

審査通過できなければ借入もできません。



審査通過のコツは、自分に合った金融を利用する事だと言えるでしょう。

間違った金融を利用しても審査通過はできないので、審査通過できそうな金融を選ぶのが良いと思います。

ただ、選ぶと言っても比較した所で違いがわからない場合が多いです。

だからと言って手当たり次第申込をしても借りれる所は見つからないので、口コミなどを参考にすると良いでしょう。



口コミだと実際に利用した人の声が聞けるので、どんな金融なのかがわかると思います。

このような情報を基に自分でも借りれそうな金融を探すのが良いでしょう。

中にはブラックでも利用できる金融があると言われているので、ブラックの人は利用してみると良いでしょう。



ブラックでも利用できると言われている金融は知名度の低い所になりますが、実績もあり正規業者なので安心です。

過去の信用を気にせずに審査を行ってくれるので、現状に問題がなければ借りれる可能性が高いと言われてます。

ブラックに寛大な所も多いようなので、借りれる所が見つかるかもしれません。



ブラック対応の金融でも、即日などに対応している所は多いので利用してみると良いでしょう。

即日融資に対応している所なら、最短で融資を受ける事ができると言われています。